ICTジュニアスクール

2020年度からプログラミング教育が小学校で必須化されます

PDF資料はこちら

学校では実際にどのようなことをするの?

学習指導要領では以下の2つの活動について定められています。

  1. 児童がコンピュータで文字を入力するなどの学習の基盤として必要となる情報手段の基本的な操作を習得するための学習活動
  2. 児童がプログラミングを体験しながら、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動

当ジュニアスクールではこの2つをカバーしながら、PCの一般的な操作スキルを磨くカリキュラムを制定しております。

アルファデータICT スクールの学習目標

2020年から小学校で「プログラミング的思考」の教育が必修化!

ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)の技術革新で社会が大きく変化しています。学校でもICT やコンピュータの活用力
を高める教育に力を入れはじめ、2020年からは、小学校でも「プログラミング的思考」を育てる教育が必修となります。
文部科学省は「プログラミング的思考」を次のように定義しています。
「自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記
号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、
といったことを論理的に考えていく力」
つまり、プログラミングでフローチャート(処理の流れ図)を使って処理をするように、目的を達成するために作業の過程
を細分化し、それぞれの工程での最適な処理方法を考え、全体として効率よく目的を達成するにはどうしたらよいかを考
えるというものです。「プログラミング」と「論理的思考」を融合させた思考方法とも言えるでしょう。
コンピュータを使って新しいものを開発したり複雑な問題を処理するときは「プログラミング的思考」が必要です。これか
らの社会を担う子供たちには必須の思考方法と言えるでしょう。

これからの社会には「プログラミング的思考力」を持った人材が必要です!

これまでの一般的な学習は一つの答えを見つけ出す力を育てることでした。先生が〇や×をつけます。特に、高校や大
学入試ではそれが顕著でした。しかし、これからの社会が必要とするのは〇や×がつけられない答えのない問題を解決
する力です。問題を論理的に考え、試行錯誤しながら、ある時は自らの間違いを見つけだし、修正しながらより良い解決
策を模索する「プログラミング的思考力」を持った人材です。社会の要請を受け、これからの大学入試でも答えのない問
題を解決する力を試すようになります。これからの学生は、文系・理系を問わず、どんな職業に就くにしても「プログラミ
ング的思考力」をもち、コンピュータを使うことが要求されます。
アルファデータICT スクールは「プログラミング的思考力」を育てます!
「プログラミング的思考力」を育てる方法はいろいろ検討されていますが、はっきりしているのはその道具としてコンピュ
ータを使うことです。また、「プログラミング的思考力」を育てる最も直接的な方法は、実際にコンピュータでプログラミン
グをやってみることです。

アルファデータICT スクールでは次のことを学習しながら「プログラミング的思考力」を育てます。

  1.  コンピュータの基本操作を学びます。
  2.  タッチタイピングを習得し自分の考えをすぐにデータ化できるようにします。
  3.  Scratch というビジュアルプログラミング言語で実際のプログラミングを学習します。
  4.  Microsoft 社のワード・エクセル・パワーポイントの基本操作を学び、パワーポイントで発表用の資料を作り、プレゼンテーションの練習をします。
  5. 小学校の段階で「プログラミング的思考力」とコンピュータを使える基礎力をつけます。

なぜ今?小学3 年~6 年生はゴールデンエイジ!

個人差はありますが、9 歳から12 歳ころはゴールデンエイジと呼ばれ、脳の神経細胞が最も活発に成長する時期と言わ
れています。この時期の子供たちの脳は新しいことをスポンジのように吸収し身につけてしまいます。「プログラミング的
思考」や「タッチタイピング」を身につける最も良い時期です。そして、この時期に身につけた能力は一生の財産になりま
す。

タイピング・プログラミング・パソコン活用の総合力をつけます

タッチタイピングができる!タイピング検定が取れる!

  • キーボードを見ずに両手で効率よく入力練習ができる特別なソ
    フトを使用します。
  •  10 分間で600字(1 字/秒)の入力を目標にします。
  •  言葉が浮かぶと自然に指が動くようになります。
  •  長文を根気よく正確に読む力がつきます。

 

 

ロジカルシンキングを学び本格的なプログラミング体験ができる!

  • 世界中で注目されている本格的プログラミングができる
    Scratch(スクラッチ)という言語を使います。
  • ゲームの作成でプログラミングの基本を学びます。
  •  プログラミングでロボットの制御も行います。
  •  プログラミングを学ぶことで、筋道を立てて考える力や間違いを探し自ら修正する力を育てます。
  •  ものごとを客観的に見る力、論理的思考力、想像力、そして「プログラミング的思考力」を育てます。

 

発表の資料を作成できる!

  • Microsoft 社のワード・エクセル・パワーポイントの基本操作を学びます。
  •  パワーポイントで文書・表・グラフを作りアニメーションを付けて発表用のスライドを作成します。
  •  自分の考えや意見をまとめ発表する練習をします。

 

 

 

アルファデータICT カリキュラム1 回50 分月4 回2 年96 回分
★年齢などの個人差があるため、生徒様ごとにカリキュラムの組み換えや変更をする場合があります。
★カリキュラムをすべて終了することが目的ではありません。カリキュラムは徐々に難易度が高くなっていきます。
学習可能な期間内で到達できるところまで学習していただきます。

アルファデータICT スクール受講要綱

入会案内要綱

対象:小学3 年生以上(※テキストを読んで学習を進められること。)
学習形式:個別学習(1 時限50 分授業)
受講料:月4 時限 @2,000 円×4 時限=8,000/月(税別)
月8 時限 @1,700 円×8 時限×=13,600/月(税別)
※その他、入会金6,000 円(税別)とテキスト代がかかります。
※ご希望により、月の受講時限数を選べます。
学習日:毎週、同じ曜日と時間(固定制)で学習しますが、祝日等で休講のときは授業がある曜日で振替ができます。
★別講座のロボットプログラミング講座を受講中の生徒様は受講料を30%割引させていただきます。

学習形式

個別学習ですので周りを気にせず、自分のペースで学習できます。学習の目的は、速くたくさんの課題をこなすことでは
なく、ひとつひとつの課題をしっかり身につけながら進めることです。急がずにやることが大事です。生徒様の学年や個
人差などにより進度は異なります。

インストラクターの役割

インストラクターは、生徒様のご質問に対して単に答えを教えるのではなく、問題を解決するにはテキストのどこを調べ
たら良いかや解決に向かうヒントをご案内します。生徒様が自分の力で問題を解決する方法を習得していただくように対
応させていただきます。特にプログラミング学習では、自分の力で間違いを探して修正する力を育てることが最も重要に
なります。

使用パソコンとUSB メモリー

教室のパソコンで学習していただきます。ご自宅で復習や練習をする場合は、必要なソフトウェアをインストールしてい
ただく必要があります。希望者にはインストール方法をご案内します。
また、データを保存するためのUSB メモリーを準備していただきます。(教室でも購入できます。)USB メモリーはなくさな
いように教室でお預かりします。ご自宅でも学習内容を確認したい場合は、もう一つ自宅用のUSB メモリーを準備してい
ただきます。

テキストと教材

テキストは受講する講座ごとにご購入いただきます。価格は1 冊2,200~3,000 円(税込)程度です。パソコン活用で学
習する練習問題は完成物を印刷してお持ち帰りできます。ロボットなど制御で使う教材は教室のものを使用していただ
き、お持ち帰りはできません。

ICTジュニアスクールに関するお問い合わせ